トップ>若杉山
 
2017年7月23日(日曜)
コース:
若杉楽園駐車場(10:10) ~ 大和の森入口(10:15) ~ 太祖神社(11:00)~ 奥の院(11:10)~ 
若杉山山頂(11:25)~ 若杉ヶ鼻 (11:30)~ 米ノ山(12:05)~ 米ノ山展望台(12:10)~(昼食)~米ノ山展望台(12:50)~ 大和の杉(13:05)~若杉楽園駐車場(13:20)
 
 
寝坊者がいて、出遅れるも予定時間に到着
(1)

北九州から、飯塚を抜けて笹栗へ出た。
笹栗駅で、新メンバーのS氏を乗せ、若杉楽園駐車場へ到着。金剛頂院の看板前で、みつ様ご夫妻と合流する。
これから、3時間の登山コースを歩く。


(1)
   

(2)
「大和の森」入口から杉林の登山道へ入る
(2)

杉に覆われた道は、思ったより涼しい。時折現れる大木が、頭上から見下ろして来る。ここは、「大和の森」だ。
森林セラピーロードへと続く。
   
扇子片手に、初参加のS氏(3)

大和の森を抜けて、洛陽コースに出る。
道には、杉の木切れが敷き詰められ、弾力があって歩きやすい。
初参加のS氏が、涼し気に扇子で扇ぎながら、先頭を行く。

(3)
   

(4)
山頂近くにある太祖神社へ到着(4)

洛陽コースから急坂を登り、太祖神社に着く。近くには、1号杉、2号杉、という推定300年以上の大杉がある。
それぞれ、神社へのお参りを済ませ、奥の院へ向かう。
   
岩から出て来た巨大杉を眺めながら進む(5)

太祖神社から奥の院までの行程が、一番の見どころだ。足元に注意しながら慎重に進む。
先には、行く手を阻む「はさみ岩」がある。

(5)
   

(6)
「はさみ岩」に悪戦苦闘(6)

横幅制限のある「はさみ岩」。ここは、狭い上に、急斜になっているので、取り付けの鎖を頼りに、注意して進まなければならない。
みつさんご夫妻も手に持つトレッキングポールが邪魔で、二人談義する。傍目にも、最強の登山パートナーなんだと思いながらシャッターを切る。ちょっと羨ましい。
次は自分の番だ。『苦難も、思い出が生まれる瞬間だと割り切れば楽しくなる』と、登山向けの自論を思い浮かべながら、狭い岩を苦心して先へ進む。
   
若杉山、山頂に到着(7)

奥の院を過ぎ、山頂へ到着する。
看板がなければここが山頂とはわからない。
山頂は、眺望がなく、この先の見晴らしのいい若杉ヶ鼻を目指す。
ここまで、楽なコースのせいか、誰も疲れた様子は見えない。

(7)
   

(8)
若杉ヶ鼻から、三郡山、宝満山を望む(8)

若杉ヶ鼻からは、篠栗の町並みや遠くの山々が一望できる。下から吹き上げる爽やかな風を受けて、一時の涼を楽しむ。
晴れだが、白い雲が空を覆って陽は射さない。
私達にはありがたい天候だ。
 
 米ノ山展望台へ到着(9)

米ノ山、山頂へ登り、北へ進むと、急に目の前が広がる。
ここからは、博多湾や玄界灘が一望できる。
博多の夜景や花火は絶景ポイントだろう。
ここで、昼食タイムとする。
バーナーでお湯を沸かし、持参の味噌汁にお湯を入れる。旨いけどこの時期熱い。
「次回は、アイスコーヒーにしよう!」と言う声が出る。「手分けして持ってくれば楽だ」と一人が言うが、具体性がなく、話は途切れる。
 
(9)
   

(10)
大和の大杉に圧倒(10)

この杉は、「大和の森」のシンボル的存在だ。
16.15mの大きな幹から、7本の枝が伸びていた。1本の木で伸びていたら、どれだけ高くそびえていたのだろうかと、想像を掻き立てる。
大杉を鑑賞の後、登山道を下り、駐車場へと向かう。
 
最後に
今回は、夏場と言う事もあり、比較的近場の山で、短距離のコースを計画した。
疲労も少なく、当初の予定時間で戻ることができた。
みつさんご夫妻や新人Sも参加し、いつもと一味違う思い出の日となった。
これからも、健康に注意して、次回の登山に備えて行きたい。
 
トップ