>雨にも負けず鶴見岳登山
 
9月25日(日曜)
コース:
北九州(8:30) ~ ロープウェイ駐車場(10:50) ~ 御嶽権現社 ~ 分岐 ~ 鶴見岳頂上(14:00) ~ ロープウェイ乗り場 ~ 分岐 ~ 御嶽権現社 ~ ロープウェイ駐車場(16:10) ~ 別府温泉 ~ 北九州(19:30)
 
 
天気予報のうそつき!(1)

曇り時々晴れの予報を信じて別府まで来たが、朝から雨。
九州焼酎館で一息入れ、試案する。
小降りから霧雨状態になっていたので、登る気満々で来た私たちは即雨合羽を着込んで登山開始!

(1)
   

(2)

ミストの中に浮かぶ幻想的な風景にうっとり!
(2)
霧の中へと続く林の中の登山道。
地面を覆う湿っとりとした落葉を踏みしめながら歩く。
柔らかく弾力のある地面の感触もわるくない。

   
秋を彩る銀杏の実、だが踏みたくない!
(3)
神社の参道には一面の銀杏。
実を踏まないように注意して進むが多すぎて無理。
丁度いいお縁があり、一時休憩とする。
Uが「拾って持って帰りたい」と言う。
「何に入れる」とMのマジ受け答え。
バックが臭くなるから諦めようと当然の結論。
今度は銀杏を踏んだ靴の手入れについて。
「水で洗い流せばいいさ」と適当に言う。
雑談休憩をしていると、折りたたみ傘を持った年配の男性が登ってきた。そして「ここから先の登山道はどこですか?」と尋ねて来た。社の裏手だと教えると「少し上って厳しくなったら戻るつもりです」と言いながら去って行った。
この男性とは頂上まで会うことはなかった。
もしかしたら仙人だったのかもしれない等と話を発展させた。

(3)

(3)
   

(4)

(4)
秋の味覚と花を鑑賞しながら!(4)

上る途中、途中、の植物に、「あ、キノコ!」とか「この花、何て名前かなぁ」とか「あ、栗がいっぱい落ちてる、実入ってる、入ってないよ」とか歓声を上げながら元気に進んで行く。(小学生か!)
   
あ、痛い。枝で頭を・・、待って魔導士様!
(5)

道に覆いかぶさるように伸びている枝がところどころにあり、足に力を入れて登ろうとしたとたん、頭を強く打ってしまったU。
照れ笑いするしかありません。
前を歩く長い雨具姿のMを見て、Uは「待って、魔導士様」と声をかけましたが、気づいてもらえませんでした。
Yは寸劇を見ているようだった。

(5)

(5)
   

(6)
わぁ~ここ雲の上!(6)

頂上も近くなった木の間から下界が見渡せた。遠くに青空も見え上から見下す雲の絨毯にしばし魅入ってしまう。
   
ハリーポッターに出てくるような木(7)

突然、手を広げて行く手をさえぎるような木が現れた。。樹皮がはがれて面白い形だ。
最初に見つけたMが、「あ、ハリーポッターに出てくる木に似てる!」と叫んでいた。

(7)
   

(8)

(8)
山頂へ到着!(8)

遂に、霧雨の中、山頂へ到着!
ところで神社で合った折りたたみ傘の登山者には合わなかったけど山頂へ来たのだろうかとちょっと心配になる。
周りは白一色の霧。座ると直ぐに二人が弁当を開いた。
「え、この霧雨の中で食べるわけ?向こうにロープウェイ乗り場があるけど・・」と言うが、そうですが、何か問題でもといいたげな顔で、もう食べ始めている。
遅れを取った私も弁当を開く。二人とも相当、腹が空いていたのか、野生人なのか・・・、多分両方だと思う。
食べ終わったところに、大黒様のお賽銭を集めに来た人に写真を撮ってもらった。
写真を見ると三人共、霧でかすんでいた。
   
現在の気温、17度、でも寒くない!(9)

ロープウェイ広場にジャンボ温度計があった。17度だが、歩いたおかげで体が温まり、寒さは感じない。
時間が少し遅くなっていたので、帰りはロープウェイを利用しようと提案するが、「乗り物を利用したら登山とは言えない!」というカッコいい意見に押され歩いて下りることにする。

(9)
 
 

(10)
 霧が深くなり注意して歩き無事到着!

しっかりと足元を見ないと道が見えないくらい霧が張り詰めてきた。
慎重に歩いていると「わぁ~大きなカエル!」とまた奇声が上がる。
近づいてみると手のこぶしくらいのカエルがいた。せっかく驚いていたので取りあえず写真に収めるが、アップするほどのものでもない。
無事、駐車場へ到着。
別府の温泉で汗を流し帰路へつく。
 
最後に!
初の雨天登山で快適な登山とは言えなかったが、それなりに楽しい時間を過ごすことができた。
しかしながら、今回は一度登ったことのある山だったので、悪路や霧の中を問題なく歩き通すことができたが、次回から雨天の場合は、現地であっても中止して次の登山計画を練ることにする!
それから後で調べてわかったことだが、折りたたみ傘の携帯は有りだそうだ。途中で会った登山者ももしかすると経験豊富な人だったのかもしれない。

 
トップ