>久住北大船(ミヤマキリシマ)
 
2017年6月9日(金曜)
コース:
吉部登山口(6:10)~ 林道合流(7:30) ~ 坊がつる(7:50)~ 大船登山口(8:00)
 ~段原(9:10) ~ 北大船山(9:30) ~ 大戸越え(10:20) ※昼食 
 ~ 林道合流(12:10) ~ 吉部登山口(13:10)

 
 
ミヤマキリシマを目指し、久住へ向かう。
早朝、二時出発だったので、一人登山だ。
国道から九酔渓を通る道へ入ると、工事中の看板があった。眠気まなこで読むと、通れそうな事が書いてある。もう一度読み直そうと目を凝らしていると横を一台の車が登って行った。通れるんだと判断し進む事にした。登っていく途中、猛スピードで下りて来る数台の車とすれ違う。暴走族か?
「大分ってこんなに交通マナー悪かったかな」と思いつつ先へ進むと、今度は片側通行の長い信号待ちとなった。そしてその先は、なんと崖崩れで通行止めだった。信号待ちの車はUターンして猛スピードで下って行く。暴走族の謎が解けた。やがて朝日が出始め、棚田の美しい風景が目に入ったので、一団から抜け出し写真撮影を始めた。怪我の功名だった。
吉部(よしべ)登山口駐車場には多くの車が停まっていた。
隣に停めた人に、「花、咲いてますかね?」と声を掛けると「五日前に来た時はかなり咲いていたから今日は満開じゃないですかね!」と嬉しい返事。予定より遅れて6時出発だ。
登山道には数人の登山者が歩いている。
途中、暮雨(くれさめ)の滝へ寄る。
坊がつるに入る草原で、長者原から来た男性と出会う。挨拶するが、返事なし。
人それぞれと思い、花の咲き具合を眺めながら歩いていると、いつの間にかさっきの男性も隣を歩いている。話しかけると言葉が返って来た。『会話できるじゃん』
結局、二人で坊がつるのキャンプ場まで歩いた。久住に来たのは五十五年振りだそうだ。トイレ休憩し、出ると先程の男性がどれだったかわからなくなり、「まぁ、いいか」と思い先へ進む。
   
大船登山口から本格的な山道となる。
ここからは、人も多い。
迷うことはない。展望のいい場所で一休み。
先客がいたので言葉を掛けると、昨日も久住へ来たと言う。
「お住まいが近くなんですね?」と尋ねると、「神奈川から来ました」と言う返事に驚く。
さらに「明日は宮崎の祖母山へ登ります」とさらりと言う。日本の山を渡り歩いているのか。
頂上へ着くと一面に咲いたミヤマキリシマに感激。遠くまで花の絨毯が続いている。
急いでカメラを向けると、構図の中で一人が障害になる。立ち去るのを待っていると、向こうもこちらに気付いたようで、スイマセンと頭を下げている。手であいづをし、写真を撮っていると、先程の人が来て、撮影ポイントを説明してくれた。聞くと、山と渓谷の専属カメラマンだそうだ。来年のカレンダー写真は済ませたので、今日は、再来年の分を撮りに来たらしい。
   
段原から大船山方面には、ミヤマキリシマの花は見当たらない。裏側にあるのかもしれない。
ミヤマキリシマの群生は、北大船山へ続いている。北大船山を目指して進む。
尾根が花で埋め尽くされていた。
花の中を道が続く。
よく見ると、まだ少し蕾が残っている。
八部か九分咲きだ。花が若々しい。
先へ進むと、今度は平治岳(ひじだけ)の赤く染まった山肌が迫って来た。北大船を下りた大戸越えでは、多くの登山者がくつろいでいた。
ここで、時間は早いが、昼食にした。
鈍角の三角錐のような平治岳が目の前に有り、その頂上を中心に、一面ミヤマキリシマが広がっている。
『なんと贅沢な昼食だ』
遠目の山を楽しみ、列を連ねて登る登山者には加わらず、下山することにした。
   


下りでは、多くの登山者とすれ違った。
登山口近くで午後一時頃、若い二人のカップルが登って来た。
これからだと帰り着くのは午後七時頃になる。
「今から登るの?」と尋ねると、「坊がつるまで行って一泊し、朝駆けで登ります」と準備万端の答えだった。
「気を付けて行ってらっしゃい!」と言葉を返し別れた後、少し下った辺りで、自分が足を滑らせて転倒した。
急いで起き上がり、苦笑しながら下りて来た。登山口へは思ったより早い時間に到着した。
駐車場を管理しているお爺さんに挨拶をし、北九州への帰路へ着いた。
 
トップ