トップ>久住大船山
 
2017年10月25日(水曜)
コース:
吉部駐車場(6:55) ~ 大船林道合流(8:20) ~ 坊がつる(8:50)~ 段原(10:40)~ 
大船山頂上(11:05)~ [昼食] ~ 大船山頂上(12:25)~ 段原(12:50)~ 坊がつる(14:10)~  大船林道合流(14:40) ~ 吉部駐車場(16:00)
 
 
吉部登山道口駐車場(1)

夜明けの駐車場に到着。標高1000m近くのこの場所の気温は5度だった。
紅葉シーズンでかなりの混雑かと思いきや、まばらな車に一安心。用を足し戻ってくると、何がおかしいのか二人爆笑中。『そのへんの悪いキノコでも食ったんじゃないか』と思いながら尋ねると、Uが登山靴を忘れて来たらしい。Mは弁当を忘れたそうだ。よく笑えるなーと感心。Uはスニーカー参加。Mは余分に買った一個のパンでしのぐそうだ。準備を整えいざ出発!

(1)
   

(2)
吉部登山口へ着く(2)

駐車場前道路(大船林道)を歩くと直ぐに吉部登山口へ着く。
入って少し歩くと、直ぐに急斜面になるのでトレッキングポールは仕舞った方がいいと二人に伝える。
Mが、新しいリュックの為ポールの付け方が分からず悪戦苦闘。取りあえず固定したので出発する。
   
直ぐに吉部名物の急斜面へ直面する(3)

U「すごいですね?これ頂上までつづいてるんですか?」
Y「そんな訳ないだろ!100m位だ」と適当な高度を言う。
※二人共大船山がどこにあるのかも知らずに来てるから空恐ろしい。
Uに靴の状態を尋ねると、「快適です!」と強気の発言。

(3)
   

(4)
大量のキノコ(4)

やっとなだらかな道になった所でUの叫び声。
U「わぁー、シメジ見たいなキノコがいっぱいあります」、近づいて行ったM「何か多すぎて気持ち悪い!」
U「食べられますかねぇ」、M「食べられないからこんなに残ってるんじゃないの!」
U「さすが、そうですね」
この先、キノコがあるたびに何度かこの会話。
ここから坊がつるまでなだらかな道が続く。
   
坊がつる入口に到着(5)

大船林道合流点から坊がつる方面へ歩いて行くと久住連山の一画が見えて来た。
一面に広がるススキとクッキリと浮かび上がる山を見て、二人の歓声が上がる。
そして高い山を見るたびに「私たちの登る山はあれですか?」と聞いて来る。どうして「どれですか?」と聞けないのか。無駄な会話が多い。

(5)
   

(6)
坊がつるに到着(6)

二人共「坊がつる賛歌」を知らないと言うので、スマホで聞かせてあげた。古めかしいという感想だ。確かにこの歌は40年位前に芹洋子が歌ったものだ。話しの流れでUから「新しい歌を作って下さい」と言われ、歩きながら即興の一文を聞いてもらう。
「ウーン」とだけで感想は返ってこない。
坊がつるキャンプ場には、幾つかのテントが張られていた。人も増えて来た。
   
大船登山口より入山(7)

これから段々険しい道になる。
時々美しい落葉に癒される。
数日前の雨でまだ濡れている泥道がある。
並列する登山道を出来るだけ汚れないように選びながら先へ進む。
今回のルートは、ここから段原までが一番の難所だ。

(7)
   

疲れぎみのM、元気なスニーカーU


 

 
 
   

段原でM復活

段原から見える大船山は見事に紅葉していた。
   
ついに大船山頂上へ到着(8)

山頂には、多くの登山者がいた。
時間が経つにつれ、行きかう登山者が多く、吉部から頂上まで4時間かかった。
青空に浮かぶ久住連山は美しかった。
山の上から下へ広がる紅葉の彩が、鮮やかに目に焼き付いた。
これで、二人共大船山を忘れないだろう。

 (8)
   
 
(9)
 御池(おいけ)側で昼食タイム(9)

こちら側は、風もなく陽が射して木陰でもポカポカ陽気だった。お湯を沸かし、即席味噌汁を渡すと、二人共「えー、手作りじゃないのですか」と身勝手な声を漏らす。取り上げると、桃太郎の家来のように頭を下げてねだる。
弁当を忘れたMに、Uがさりげなく何かを渡していた。私も仕方なくきんぴらごぼうをあげた。コーヒーを飲んだ後、あまりの心地よさに横になろうとしたが、温泉のリクエストを思い出し腰を上げる。
   

大船山南側
 
御池
   
  大船山を後にして(10)
M「わぁー、私達あの紅葉の中を歩いて来たんだ」Y「見納めだけど足元見て歩くように!」
丁度昼時で、登って来る人も多い。
U「これこそ登山って感じですね。今まで行った山ってなんだったんでしょう」
Y「この景色を見ればそういうのも無理ないけど低山でもそれぞれの山で見どころはあっただろ」U「そうですね。忘れそうになりました」
 
   
 
坊がつるで一休み

吉部方面へ向かって歩く
 
最後に
今回は、早朝出発でかなりハードスケジュールだったが、山を楽しみたい気持ちが勝って紅葉の大船山を制覇することができた。
九州では、久住山から山にハマると聞く。
今回の経験が私達サークルにどんな影響を与えてくれたのか楽しみだ。
次回は、リハビリ中のメンバーの意向を優先して軽いハイキングを計画している。
健全なる精神は健全なる体に宿る。
これからも日頃の運動を絶やさずに次回に備えて行きたい。

 
トップ