トップ>求菩提山
 
2017年9月24日(日曜)
コース:
公共駐車場(10:05) ~ 水汲み場(10:25) ~ 座主駐車場(10:50)~ 中宮(11:20)~ 
上宮(11:45)~ 胎蔵界護摩場 (11:55)~ 虎の宿(12:20)~(昼食)~  虎の宿(13:25)~ 胎蔵界護摩場(13:40)~ 公共駐車場(15:00)
 
 
彼岸花を眺めながら求菩提山を目指す(1)

北九州から、築城町を抜けて築上町へ来た。
「おっ!白い曼珠沙華」
田んぼの土手には、鮮やかな曼珠沙華の花が咲いている。
秋晴れの下、のどかな山村を通り次郎坊峠から求菩提山へ向かう。

(1)
   

(2)
求菩提山公共駐車場へ到着
(2)

駐車場には、数台の車が停まっていた。
トイレが改修工事中だったので、近くのキャンプ場へ行き、身支度を整え出発。
気温も丁度よく、足取り軽く歩く。
Y「ちょっと広がりすぎ。ここ車通るんだから!」
   
山水が勢いよく出ている水汲み場を通過(3)

M「この水、飲めるのかな?」
Y「この前、水汲みに来てる人を見かけたよ」
U「コップ、置いてるから飲めるんでしょうね」
M「お賽銭箱もある」
U「ここ、修験道の山だからじゃないですか」
M「修験道って、お参りする方の人じゃない」
U「・・・そうか」、Y「先、進もう!」

(3)
   

(4)
座主駐車場を通過(4)

車が何台か停まっている。今日は、ここから登る登山者の方が多いようだ。
M「わぁー、もみじの木が続いてる。紅葉したらきれいでしょうね。・・あれ、Uがいない」
U「えー、そっちの道ですか。広いからこっちかと思った」
   
ここから宿坊跡を抜ける階段を進む(5)

途中、求菩提山絵図という看板が有り、『一山五百坊』と言われる程、沢山の山伏が生活していた様子がわかる
U「ここ、相当多くの人が住んでいたんですね」
M「そうね。この絵を見ると田んぼや畑もあったみたい」

(5)
   

(6)
岩屋坊近くの三十三観音(6)

沢山の観音様の前に花が飾られている。落葉も綺麗に拾われていて管理が行き届いている。
M「すごいお地蔵さんの数ですね」
U「私、霊感強い方ですけど、何も感じません」、M「じゃあ今度、夜に来て感想きかせてよ」U「やめて下さい、私、霊を見たいわけじゃありませんから」
   
水場、獅子ノ口へ到着(7)

Y「ここは、下界と聖域とを分ける結界が張られているそうだ。これより飲食禁止の聖域に入ると書かれてある」
U「えー、それじゃ上で弁当食べられないじゃないですか」
M「ここに書いてあるけど、それは昔の人が想像していた聖域の話しよ」
U「よかった。」

(7)
   


(8)
国玉神社への大鳥居、中宮への道(8)

Y「さて、神聖な聖域を一歩ずつ踏みしめて行くか」
U「入りました!聖域に入ると自分の汚れた心が洗われるようです」
M「心がなくなったりして」
U「なんか言いました?」
M「いいえ、冗談よ」
 

 鬼神社前広場(9)
鬼神社の広場では、今でも毎年春に祭りが行われているそうだ。             
 
願掛け地蔵尊(10)
「世界が平和でありますように。そして私が幸せになりますように」          
   

(11)
鬼の石段(11)

権現様が悪さをする鬼に作らせたという石段。
夜明け前に石段を作る約束をさせ、一番どりの声を出して鬼を追い払ったという伝説。
U「夜明け前に鳥の声を聞いて一目散に逃げ出した鬼って正直ものですよね」
M「人に悪さをした鬼に同情したらダメ」
U「権現様ってどうなんですかねぇ」
Y「権現様の機転で鬼を退散できたのだからよかったじゃないか」などと話しながら登って行く内に上宮へ着く。
   
 上宮到着(山頂)(12)

上宮に参拝した後、社横の山頂標識前で記念写真。
「お腹すきました」という声。
この先の、ベンチもある『胎蔵界護摩場』を目指して前進。


 
(12)
   
 
(13)
 虎の宿へ到着(13)

胎蔵界護摩場のベンチに先客がいたので、足を延ばし、『虎の宿』まで進む。
昼食タイム。
U「ゲッ、お箸を忘れました」
Y「えっ、じゃあ木の枝で箸、作ってあげようか?」
U「うーん、いや、いいです。ポッキー持ってきましたからこれ使います」
   
 食後のコーヒータイム(14)

Y「日頃、コーヒーは飲まないのに、山で飲むとうまいのは何故だろう」
U「わかります!」
M「U、ポッキー箸なのに食べるの一番早かったね」
Y「すごい、器用なやつだ」
U「はい、問題ありませんでした」
 
(14)
 
最後に
秋本番を前に次回の登山計画を練った。10月は紅葉シーズンだから久住大船山に行こうという話しになった。久住山はここの倍以上の高さがあるから覚悟するように言っておいたが、楽観的な二人にはどこまで通じたやら。
これからも、健康に注意して、次回の登山に備えていきたい。
 
トップ