トップ>犬ヶ岳登山
 
2017年5月8日(月曜)
コース:
犬ヶ岳登山口駐車場(10:15) ~うぐいす谷コース ~ 経読林道出合(11:10)~ 笈吊峠(11:55)~ 
犬ヶ岳山頂手前広場※昼食(12:55)~ 犬ヶ岳山頂 (14:00)~ 大竿峠(14:30)~ 経読林道出合(15:00)~ 木橋(16:00)~ 犬ヶ岳登山口駐車場(16:30)
 
 
混雑もなく犬ヶ岳登山口駐車場へ到着(1)

北九州から、築上町経由で登山口駐車場へ向かう。
途中、本庄の大楠を見る。
「大きい!初めて見ました。」と歓声。
駐車場へ着くと、他県ナンバーが多く、十数台ほど停まっていた。
みんな出発していて、誰もいない。
犬ヶ岳登山画像1
(1)
   
犬ヶ岳登山画像2
(2)
新緑の山へと続く登山道(2)

右手に谷川が流れ、広い登山道が奥へと続く。「頂上までこんな広い道だといいね!」とMが言う。
「絶対にあり得ないと思います。」とUがキッパリ言う。
   
犬ヶ岳登山画像3
(3)
「わぁー、きれいな水、透き通ってる!」
犬ヶ岳登山画像4
(4)
シャクナゲ発見!、M「早く見たい」
   
経読(きょうよみ)林道出合に到着(5)

一時間程で経読林道出会に到着。
ここは車も通れる広い林道だ。
一休みして水分補給する。リュックを開けていたUが「あ、カテキン緑茶を車に置いて来たみたい」と悲壮な声。
「今、痩せる運動してるんだから、普通のお茶で大丈夫だよ!」とYが気持ちを取り持つ。
しかしMが「カテキン緑茶は余分な脂肪を燃やしてくれるから普通のお茶とは違うんですよ」と話を元に戻す。ダイエット談義をしながら先へ進む。
犬ヶ岳登山画像5
(5)
   
犬ヶ岳登山画像6
(6)

経読林道分岐に着く。
「ここからまた山道か!」
犬ヶ岳登山画像7
(7)
突然、Uの声「ワァー!すごい」     
Y「どうした、シャクナゲの群生か?」  
U「いいえ、苔がものすごくきれい」   
Y ”ガックリ!”            
M「ほんと!、古処山より多い」     
   
犬ヶ岳登山画像8
(8)
笈吊峠(おいずるとうげ)到着(8)

ここから、本格的なシャクナゲの群生地となる。この先は、急な岩場を登るコースと迂回路の二手に分かれている。
先の岩場コースから団体がいるのだろう悲鳴や注意する声が聞こえてくる。
私たちは迷わず迂回路へ行く。
   
犬ヶ岳登山画像9
(9)
新緑の中に浮かび上がるシャクナゲ
犬ヶ岳登山画像10
(10)
光を浴びて満開の花を咲かせている
   
犬ヶ岳登山画像11
(11)
原生のシャクナゲを満喫中
犬ヶ岳登山画像12
(12)
青空をバックに凛としたシャクナゲの姿
 
昼食タイム! (13)

さっきから、二人ともずっと「お腹すいた!」と言ってたので山頂手前で昼食タイムにする。
常設のベンチには、登山者がいて、賑やかだ。
日陰を見つけ、場所を確保する。
バーナーでお湯を沸かし、即席の味噌汁を作る。「今日は、男の手料理ではなかったのですね」と二人残念そうだ。
食事の後、コーヒーを飲みながら次回の計画を練る。
途中、Mが「そっちは日が当たり始めて暑いから日陰へ移ったらどうですか?」と言ってくれる。しかし腰を下ろしたらあまり動きたくない。日よけのタオルを被ると、「普通にテロリストになってますよ!」とUが笑う。
あっという間に一時間経過。
周りは誰もいない。直ぐ上は山頂。さて出発!
 犬ヶ岳登山画像13犬ヶ岳登山画像14
(13)
   
犬ヶ岳登山画像15
(14)
犬ヶ岳山頂に到着! (14)

タイマー撮影の為、腰を落としてなんとかフレームへ収まる。
後ろは石で出来た避難小屋だ。
ここからは、尾根伝いのなだらかなコース。
まずは尾根から下へ分岐する大竿峠を目指す。

 
 せせらぎを聞きながら鎖の道を進む!(15)

ここは、大竿峠を下り、経読林道出合を過ぎた恐れ渕へ向かう岩場。
直ぐ横を流れる谷川には、いくつかの小さな滝がある。この辺りは、まだ浅い谷だが、恐れ渕では急に深くなり大きな滝がある。
犬ヶ岳登山画像16
(15)
   
 犬ヶ岳登山画像17
(16)
M「美しい滝、私達も美しく撮ってください!」
Y「・・・・・」          
 犬ヶ岳登山画像18
(17)
U「さっきの鎖が最後の難関って言ってませんでした。」、Y「さっきの延長線上だよ」
   
 
(18)
恐れ渕へ落ちる滝。高さがあり、名前通り恐ろしく深い淵となっている。      
 犬ヶ岳登山画像19
(19)
恐れ渕を過ぎて下りてくると美しい杉林だ。
M「この道、いいですねぇ。昔の街道みたい」
   

(20) 
登山口近くの橋の上から見える谷川。
ここまで来るとりっぱに岩岳川と言える。
 犬ヶ岳登山画像20
(21)
MU「やっと着いた!」、U「今日のコース、上級クラスだったでしょ!」、Y「・・・」
 
最後に
今回は、シャクナゲの花のシーズンに合わせた日程が組め、晴天に恵まれてラッキーだった。
季節の花は、一年に一度、わずかな期間しかチャンスがないので、数人で行く場合は事前の調整が大切だ。回を重ねるにつれて山の楽しさがわかりだしてきたが、何事もこういった時期にミスを起こしやすい。基本を大切にして安全な登山計画を心がけよう。
次は、久住のミヤマキリシマがシーズンとなる。日程調整が可能なら是非行ってみたい。
この後、卜占の郷で温泉に入り、疲れを癒しながら帰路へとついた。
 
トップ