トップ>宝満山
 
2018年4月28日(土曜)
コース:
昭和の森公園(10:45) ~ うさぎ道分岐(12:00) ~ 宝満山山頂(14:00) ~ うさぎ道分岐(16:20)~ 昭和の森公園(17:30)
 
 
昭和の森公園に到着(1)

ゴールデンウイークが始まり、交通量も増えていたが、思ったほどの渋滞もなく予定通り公園へ到着した。
新緑の山が私たちを迎えてくれた。
青空が広がり、最高のコンディションだ。

(1)
   

(2)
公園の滝の前で一枚(2)

今日は、Uが仕事の都合で不参加。
今日が雨天の場合、明日、UがTと交代で参加する予定だった。
Tは、山を見るなり「私、登れるか不安です!Uに譲ればよかった」と弱気な発言。
それを今言うのかい!と思いつつ、「行けるだけ行ってみよう!」と励ましながら出発。
   
エーツ!二時間も歩くんですか?(3)

難所が滝とキャンプ場への分岐で、看板を見たTが不安そうな声を漏らす。
まだ、ここまで十分しか歩いてない。

(3)
   

(4)
吸い込まれるように立ち並ぶ杉林(4)

幾何学模様を連想させる杉林の道が広がる。
事前調査で見つけた初心者コースの道だ。
”河原谷コース”から”分岐うさぎ道”より”うさぎ道”に入り、尾根を通る”宇美(猫目)新道”へ移動し、宝満山へ向かうのがベストだ。
多くの登山者で賑わう宝満山もこちら側だと人気も少なく歩きやすい。
   
早い、一休み(5)

山登りの鉄則は、初心者に合ったペースで歩く事。
登山の楽しみを共有する為に、気配りが必要だ。
しかし、少しくつろぎすぎ。
ここに住んでいるようだ。

(5)
   

(6)
いつの間にか杖を持つT(6)

経験の少ないTは、Mの持つトレッキングポールに触発されて、道端の木を拾った。
「すごい、防衛本能!」
ポールは、楽に歩く必須アイテムなのだとMが教えていた。
   
再び、休憩(7)

スローペースと休憩のおかげで、Mも私も疲労感ゼロ。
おかげで、森林浴を楽しんでいるM。
Yは、草花の写真を撮りにあちらこちらへ。

(7)
   

(8)
体力の限界に挑戦しながら進むT(8)
 
何度もTから到着時間を聞かれ、励ます意味で短めに答えてきたが、度重なる誤りの為に完全に信用をなくしたY。
途中で出会った登山者に、Tが到着時間を尋ねていた。「えー、私、これ以上歩けません」と言うTをなだめすかして先へ進む。

シャクナゲが咲いている!
 
美しい新緑!
   
休憩(9)

再び体を休めて、ティータイム。
Tから、あとどのくらいですかという声も出なくなった。マジで足が痛そうだ。
これから先、Tを”励ましモード”から”いたわりモード”へ切り替えることにした。

(9)
   
 
(10)
えー、これ登るんですか?私無理! (10)

やっと、宝満山の裏にたどり着いた。
ここを登れば頂上なのに、Tは心配していた通り登れない。
年配者でも登っているのに残念!
   
軽々と登って行くM!(11)

一見怖そうだが、二、三十メートルの岩には、鎖が付いていて、一歩ずつ登れば、それ程むつかしくはない。
Mは、躊躇なく登り景色を楽しみながらのベテランクライマーとなっていた。
多分、休憩が多すぎて体が鈍っていたのだろう、水を得た魚のようだ。

(11)
   

(12)
 微妙な集合写真となった山頂風景(12)

頂上には、多くの登山者が居た。ゴールデンウイークだからなのだろう、若者や子供達が多かった。
集合写真は、達成感で弾けていたMの写真はギャップが有りすぎたので控えて、ここでは、「法満山上宮」の岩をドヤ顔で指さす姿と、隣の岩に立つYの写真、それから下で待つTの合成写真をアップした。
   
昼食で、元気を取り戻したT(13)

食事時間になると、やっと元気を取り戻したT。
だが、今は二時半。昼食には遅すぎたかも。
Tは、頂上に立てなかったことを悔やんでいた。
平尾台でも苦労して登っていたTだったので、ここまでこれたのだから自身を持っていいよ!・・・とMが慰めていた。
 
(13)
   

(14)
駐車場には傾きかけた日が射していた(14)

この時期、どこを見ても花が咲いている。
ツツジが照らされて薄紅色に輝いていた。
その後、直方憩いの村で温泉に浸かり、疲れも和らいだところで、北九州へと帰って行った。
 
最後に
今回は、体力に自信のないメンバーも参加しての登山だった。
いずれ、通常登山ルートを制覇できる事を期待しつつ、励まし登った。
下山途中、Tの足元を見ると、かなり足に来ていることが解った。
療養とリハビリーを繰り返しながら、徐々に体力を付けていって欲しいと思う。
帰り、温泉を出て空を見上げると、丸い大きな月が輝いていた。
 
トップ