トップ>英彦山
 
2018年3月10日(土曜)
コース:
スロープカー入口駐車場(11:00) ~ 銅の鳥居(11:03) ~ 英彦山神社奉幣殿(11:30) ~ 中宮(12:15)~ 上宮(13:30)~ 
中岳(13:35)~ [昼食] ~ 中岳(14:40)~ 奉幣殿(16:05)~ スロープカー入口駐車場(16:30)
 
 
スロープカー入口駐車場(1)

今年、初の登山だ。
メンバーの一人から金曜日に、「明日、病院へ行くことになりました」という連絡があった。
さらに「日曜日だったら行けます!」というお姫様感覚の申し出。
土曜日の天気予報が晴れだったので、お姫様には療養してもらうことにし、三人で山へ登った。

(1)
   

(2)
銅の鳥居から登山開始(2)

雲一つない空に、意気揚々と階段を登る。
英彦山は、ほぼ頂上まで石段の道。
「急ぐと、後で足に来るよ!」
途中、ボランティアの人が落ち葉を燃やしていた。挨拶すると、頂上の様子を教えてくれた上に、英彦山の日々を紹介したURL付きの名刺をくれた。「助かります!」
   
英彦山神社まであと少し(3)

別所駐車場からの出会いには店があり、傍にある鳥居から神社まで、長い階段が続く。
やがて、階段の両脇に灯篭が立ち並ぶ参道となる。自ずと神聖な気分になってくる。
U「わぁー、まだあんな先まである」
M「膝にこたえる。ゆっくり登ろう」

(3)
   

(4)
英彦山神社でお参りを済ませ、先へ進む
社務所裏から見える英彦山は、白く雪に覆われていた。
この時期、まだ雪が見れるんだと知り、テンションが上がる。
奉幣殿の右手の鳥居をくぐり、登って行くと鎖の付いた岩に出る。
狭い岩の隙間に入り、時折りリュックが挟まって悲鳴を上げながら登って行く。
   
登山道の周りには霜柱が!(5)

ボランティアの人から、先日まで樹氷を見に来る登山者が多かった事を聞いていたが、今日もこの辺りから氷や霜が現れだした。
樹氷の出現に期待が膨らむ。

(5)
   

(6)
さらに、雪や氷が多くなってきた(6)

少し大きめの氷を見つけて、Mが近づいた。
M「U、氷割り、面白いよ!」
U「Mさん、私よりも気持ちが若いですね」
M「なんか、褒められた気がしないんだけど」
U「いえいえ、思いっきり褒めてるつもりです。・・Yさん、お疲れ気味ですね」
M「さっき転んでたからねぇ。Yさん、大丈夫ですか」Y「大丈夫じゃない。顎が痛い」
   
ここは、まだ冬だ(7)

U「下には梅の花が咲いていたのに、ここは氷の世界ですね」
M「初登山でこんな景色が見れるなんて、最高じゃない!」


(7)
   

体が温まって、風もなく寒さを感じない!

  桜の花のよう

ピンクに輝く枝
 
山の木々が神々しく見える
   

絵の中を歩いているみたい

雪のモンスター
   
 
樹氷
 
眺望の中に浮かぶ木々
   

上宮へ向かう登山道より

上宮から。気温はー1度だった
   

中岳に着きました 
 
Y「ハッピーニューイヤー」
M「もう3月です」U「ボケが今一です」
   

中宮に別れを告げて
 
春に戻った!
   
銅の鳥居に到着(8)

M「下界に降りてきた気分」
U「次は、シャクナゲ荘で温泉三昧ですね」
Y「いや、今日は風呂無しで帰宅!」
MY「うそでしょう!」
Y「シャクナゲ荘は5時までなんだ」
MY「他に温泉、知りませんか?」
Y「知らないなぁ」U「だいたい、私達、昼食が長すぎません?」・・・etc
今日は、真っ直ぐ北九州へ帰った。
 
(8)
 
最後に
今回は、12月に中止した英彦山登山を再度計画したのだが、3月に雪景色が見れて幸運だった。12月の豪雪では、中岳まで行けなかったと思う。ただ、登山後に楽しみにしていた温泉へ入れなかったのは残念だった。次回は、時間配分をもう少し正確に考えよう。できれば出発時間を早めて、時間に余裕を持たせたいと思う。
4月は宝満山と言う声が上がっている。
 
トップ