>福智山登山
 
2017年4月9日(日曜)
コース:
駐車場(10:00) ~ 白糸の滝登山口(10:15)~ 上野越え(12:00)~ 山頂(12:15)~ 
山頂下山開始(13:00)~ 白糸の滝 (15:10)~ 白糸の滝登山口(15:25)~ 駐車場(15:35)
 
 
登山日が桜満開でラッキーだが(1)

上野(アガノ)へ着くが、登山客でいっぱいだ。いくつかある駐車場も全部埋まっている。白糸の滝温泉前の駐車場にかろうじて空きがあり駐車する。
公衆トイレへ行くと列が出来ている。用を足して外へでると、団体登山客が準備体操を始めていた。広がって体操してるが、通る私たちは、端の方をなんとか通過。

(1)
   

(2)
桜に癒されて、登山開始!(2)

満開の桜に気を取り直し、登山口へ向かう。
登る人も多いが、下りてくる人も多い。
後で知ったが今日は福智山の山開きだった。
   
人が多いので、抜きつ抜かれつ進む(3)

登り始めて、数人の女性が休憩していた。ここに看板が出ていて、右手に行くと”虎尾桜”があるそうだ。まずは山頂を目指して寄り道をせず登った。後で調べると福岡県最古のエドヒガン桜だそうでこの時見とけばよかったと思った。帰りは疲れて寄り道する元気がなかった。


(3)
   

(4)

一期一会の人たちと(4)

行き交う人に「こんにちは!」、待ってもらって「有難うございます!」、を連発しながら一期一会の人たちとすれ違う。登るにつれて、二人の挨拶する声が聞こえなくなってきた。さては疲れてきたな。少し休憩しよう。

   
鷹取山の分岐点で一休み(5)

山道を登りながら、MとUの二人はダイエットサプリの話しに夢中だった。今、ダイエットに一番効果的なことをしてるのに、さらにサプリとは、女心は貪欲だ。
何度か休憩を取りながら鷹取山の分岐点へ来た。途中、暑くて上着を脱いだが今度は、高い所へ来たせいか、冷えてきた。重ね着が便利だ。

(5)
   

(6)
最近増えたペット連れ登山者(6)

上からマルチーズを連れた人が通り過ぎて行った。Uが、「普通座敷犬のような犬を山に連れて来ませんよね!」と語気を荒げて言った。どう答えていいかわからず「それより、さっきスリッパで登って行ったヤツがいたけど、山を舐めすぎてるなぁ!」と言うと、同調して怒ってくれた。ささやかなストレス解消。
   
山頂へ無事到着(7)

山頂へ到着。ヤッター!
ここへたどり着く前に、後ろから団体登山客の声がしていたので急いで頂上へ来た。霧で周りが見えないけど、既にかなりの人がいるようだ。写真撮ったら早く食事場所を確保しよう!

(7)
   

(8)
幸せな昼食タイム(8)

今日は、左の写真の材料を持ってきた。お湯さえ沸かせば簡単に餅入りのおしるこが出来る。体も温まり、体力も回復する。
「周り、真っ白で、どこで食べてるのかわかりませんねぇ。」とUが言う。「たくさんいるはずの人が目に入らなくていいんじゃない」とMが言う。どちらも正解。
二人「美味しかったです!次回もまたよろしくお願いします。」とちゃかりしている。
   
帰りは登りと別コースで(9)

登りは上野越えコースでそれほどの急な坂はなかったが帰りの白糸の滝コースは、かなりの急斜面。途中、ロープが張ってあり、それを頼りに下りないと危ない。特に昨日の雨でぬかるんだ道が多い。「キャー」と何度か後ろで声がする。滑ったようだ。

(9)
 
 
(10)
 一休みして靴の掃除(10)

林道と合流する広場で一休み。
奥の山桜が見える場所ではお花見をしている人達がいた。
Uが「今まで靴を洗ったことなかったけど今度は洗った方がいいですよね。」と尋ねる。Mが「来るときに溝にいくつかたわしが取り付けてあったから下で洗えるんじゃない」と答える。靴のドロを棒っ切れで落とす光景は、なんとものどかな様子。絵になる、いやマンガになる。
   
 白糸の滝へ到着(11)

滝の周りには子供連れもいてにぎやかだ。
若いカップルに写真を撮ってほしいと頼まれた。手前の大きな岩を滝の方へ登っていく人もいた。何故かここは若者が多かった。
登山口までは、もう直ぐだ。
 
(11)
 
 
(12)
やっと出発点へ到着した(12)

山を下りると、また満開の桜が迎えてくれた。地面に落ちてる花びらもきれいだ。
歩いた後の気だるい疲労感も心地良い。
今日も、帰りは温泉だ。
 
最後に
今日の登山は、雨の予報だったので一度日延べしたが、昨日になって予報が変わり急きょ、決行することにした。晴れ男、晴れ女、健在なり!
だが、昨日の雨でぬかるんだ道があり、普段よりも少し時間がかかった。
自然相手の登山だから臨機応変に対応しなければならない。
これからもいろんな経験を積んで、楽しい登山を目指して行きたい。
 
トップ