>萩往還(山口→萩)
 
2017年4月4日(火曜)
コース:
JR  北九州門司駅(5:51)~ 山口駅(7:44)
徒歩 山口駅(7:50)~ 萩城跡(18:00)~ 玉江駅(18:45)
JR  玉江駅(19:07)~ 北九州
門司駅(22:08)
 
 
北九州より始発電車で山口駅へ(1)

早朝の山口駅へ到着し出発する。市内を進むと萩往還の看板が目に入る。街道の直ぐ近くに瑠璃光寺がある。寄り道して一回りする。人はほとんどいない。静かな庭の奥に五重塔がそびえている。
五重塔の右手を進むと一ノ坂ダムへ続く街道へ出る。

(1)
   

(2)
山口市内を望む(2)

一ノ坂ダムからは、遠く山口市内が見える。
ダム湖畔では桜の蕾が薄紅色に色づき、今にも開こうとしている。ウグイスの声が遠くから近くから聞こえてくる。
   
いよいよ山道へ(3)

ダムを過ぎた先に萩往還の看板がある。ここから
本格的な山道となる。この山の遥か向こうに萩がある。長い道のり、あせらずゆっくり歩こう・・、という気持ちと裏腹に早足になっている。
全長35kmの距離と最終電車の時間が頭の片隅にあるのか。

(3)
   

(4)

憧れの石畳を歩く(4)

そもそも、萩往還を歩いてみたいと思ったきっかけがこの石畳だ。萩往還は、毛利氏が参勤交代の道として街道を整備したことに始まる。
数百年前から多くの人が利用し、維新を駆け抜けた人達も歩いたこの石畳の道を一度歩いてみたかった。
   
村人発見(5)

しばらく歩いて、国道を横切る場所に着いた時、おじいさん、お孫さん、犬、を発見。
おじいさんに「竹の子ですか?」、と尋ねると「まだ早かごつぁる。・・まだ店にも出とらんもんね。」と言って近くに停めてあった軽トラックに乗り下りて行った。私もしばし休憩。

(5)
   

(6)
六軒茶屋跡に到着(6)

国道から入って直ぐの所に六軒茶屋という史跡があった。
地面は緑の苔に覆われて美しい。
当時、行き交う人達が、疲れをいやし、くつろぎ、話し、笑い、いろんな情景が目に浮かぶ。

   
木造の溝に当時の面影(7)

六軒茶屋からさらに坂を登り、一里塚や一貫石などの史跡を通り過ぎ、先へ進むと、所々雨水の流れる溝がある。その溝は近代的なコンクリートではなく、木で作られている。
この辺りまで来ると体も熱く日陰の方が歩きやすい。


(7)
   

(8)
熊注意の看板で早足になる(8)

山道を登り詰めた所が板堂峠だが、そこに「熊注意」の看板がある。そうか、ここは本州なんだ、熊がいる、と思ったら急に怖くなり急いで峠を過ぎる。先に国境の碑がある。ちょうど山口市と萩市の境付近だ。
この辺りから下りとなり少し楽になる。
   
昔のお風呂(9)

ずっとのどかな風景だが、さらにのどかな山里の道を進んで行くと「日南瀬(ひなだせ)の石風呂」という史跡に出会う。江戸中期以前の風呂は、お湯を使わず、中で火を焚き、底の石を焼いて、海藻を敷き、服のまま休んでいたそうだ。
このすぐ横が、トイレもある休憩所だが、その裏に”首切れ地蔵”という史跡がある。
気持ち悪いと思って案内板を読むと、旅人が頭だけの地蔵を沼から拾い上げ供養したらしい。
気持ちの悪さは消えなかった。

(9)
 
 
(10)
 街道沿いの小さな守り神に案内板が(10)

道の傍らにある案内板が目に入り、読むと、ここに祭られている神様は、他の村からの悪疫を防ぐ為だと書いてある。
魑魅魍魎が徘徊していた時分の感覚ではないかと何故か懐かしささえ感じる。
今は迷信とされることも当時は普通に信じられていたんだ。でも未来は現在の常識がどうなっているのだろう。新しい発見があるかも・・・とか考えながら通り過ぎる。
   
 宿場町、佐々並の掲示板(11)

ここは、当時、宿場町として、又、商人の町として栄えた歴史の町。面白いことに、ほとんどの家の玄関には掲示板が掛かっていて、「○○さんのお話・・・」と家主の昔の職業にまつわるエピソードが紹介されている。時間もなく少ししか読むことが出来なかったが、また来てみたいと思う。

 
(11)
 
 
(12)
街道の途中に作物を荒らす猪対策の柵(12)

街道を歩いていると何ケ所か、このような柵が作られている。”通行可だが元通り策を締めて下さい”と書かれている。人家のない山間の田んぼには猪が入り作物を荒らすのだろう。
前方の山から下りてくる坂道で、山口方面へ向かう若い女性とすれ違い挨拶を交わした。あちらも一人旅でバイタリティー。
   
 萩からの難所、長い坂道の一升谷(13)

萩側の赤木市から3kmに渡る登り道を一升谷と言う。標高346m。
こちらからだと下りになるので楽だが。
昔し炒り豆を食べながら歩くとちょうど一升の豆がなくなったころ着くと言われたのが名前の由来らしい。
ここで、4人家族とすれ違う。
 
(13)
   
 
(14)
 真っ暗なトンネルの中で!(14)

萩往還の道の駅近くになり街道は国道へ上がらず真っ直ぐ国道よりへ続いていた。
突然、目の前にトンネル。この道しかないのかと見渡すがなく、トンネルを通ることにする。ライトを持ってこなかったことを悔やむ。とりあえず中へ入る。入った瞬間、真っ暗で上から冷たいしずくが落ちてくる。一瞬ゾッとする。道に穴でもあれば危ないと思い急いでデジカメの電源を入れるとディスプレイに白い光がフワフワ写る。火の玉?初の心霊体験かと思いながら、シャッターを押す。一瞬トンネル内が見え白い物体は写らない。意を決して、これを繰り返し先へと進む。長い、まだか。絶対に後ろは振り返るまいと自分に言い聞かせながら進む。いよいよ出口に近づき、デジカメを見ると白い物体は外の明かりだった。長さ182m。疲れた。
 梅林公園で5分間の休憩(15)

30km近く歩き、この頃は、足が棒のようになっていた。どこかで仰向けになって休みたい。休憩は、5分間だけだと自分に言い聞かせて、公園の草の上でゴロリ、タオルを顔に乗せ目を閉じる。幸いだれもいなく、行き倒れと思われることもなかった。少し寝たかも。休憩後、体力は回復したと自分に言い聞かせてイザ出発!
街道を進むと、萩を出るときに萩のお城が見える最後の場所だという史跡の”涙松”があった。
目的地の萩城跡は間近だ。
 
(15)
   
 
(16)
 徒歩距離、37km、やった!(16)

萩駅の観光案内へ寄り、今更の萩往還パンフレットをもらう。外のベンチで何故か置き忘れの携帯電話を拾い観光案内の人へ渡す。
萩城跡へ着いたのは18時。桜はまだ蕾だったがライトアップされていた。西の海岸で夕日を見て萩城跡を離れようとすると、どこから来たのか狸がじっとこちらを見ている。記念に写真を撮る。名残惜しいのか、まだこちらを見てる。時間もなく一番近い玉江駅へ向かった。
 
最後に
JR山口の改札口ではスゴカが使えないことを知らず、現金で清算した。門司駅で改札口を通しているので、スゴカ改札クリアの証明書をもらった。
玉江駅へ来た列車はワンマン列車だった。乗ると整理券を取るよう音声案内があつた。取ったものの、駅はずっと無人駅だから好きな駅で下りてもわからないのではないか、と心配していたら下りるのは一番前の扉で運転手がドアを開いてチェックしていた。ワンマンバスと同じだ。乗車は外からお客がボタンを押して扉を開き乗ってきた。ここまで乗り降りする人をみて以上のことがわかった。途中の駅から車掌が乗ってきたので乗車券を買った。
何故か帰りもアクシデントが付きまとった。吉見駅の手前で列車が何かを撥ねて急停車した。撥ねたのは鹿だそうだ。安全点検の為10分遅れで出発。家に着いたのは10時過ぎだった。
次回は山口、防府間を歩く予定だ。次は休憩を取りながら余裕を持って歩こう。ライト持参で。
 
トップ