>耶馬渓(青の洞門)を登る
 
11月20日(日曜)
コース:
公共駐車場(10:30)~洞門橋側登山口(10:40)~一の峰、二の峰、三の峰展望台(11:00)~恵比寿岩(11:05)~妙見岩・妙見窟~釣鐘岩(11:40)~清水洞(11:50)~ 陣の岩(12:10)~
弘法寺登山口(12:35)~公共駐車場(12:50)
 
 
渋滞を抜け駐車場到着(1)

三日前に、下見に来たときは、スムーズに通れた道も、今日は、祭りか事件かと思うほどバス、自家用車、バイク、自転車、の大渋滞。
洞門近くの駐車場を諦め、川を渡ったドライブイン側の駐車場へ停める。
今日は、前回と同じメンバー、写真左からMさん、Tさん、Uさん、それに私Yです。


(1)
   


(2)
相変わらずテンションの高いお三方(2)

禅海和尚の銅像前でポーズ!
他の観光客も避けてくれて写真はバッチリ。
歩道から信号を渡り、禅海和尚手掘りの洞窟を通って先へ進む。
   
トンネルを抜けると
      そこは黄色の絨毯だった
(3)

イチョウが彩る鮮やかな道は登山口近くまで続いていた。
晴れた日には多くの登山者がいるが、今のところ私たちだけ。
今日は、明け方北九州で雨が降り心配したが、今は、曇りで少し日も差している。
まずまずの天気だ。

(3)
   

(4)

登山口へ到着、さて登山開始(4)

登山口には、競秀峰(きょうしゅうほう)の案内板があり、要所要所のポイントが記載されている。
約2時間のコースだ。
   
登山道からの眺めも美しい(5)

登る途中見下ろした光景は、イチョウ、もみじ、川の青さがなんとも言えないコントラストを表して美しい。

(5)
   

(6)
少し登ると古びた木の橋がある(6)

道は落ち葉で柔らかく歩きやすい。
途中、古びた橋があり、先への好奇心を駆り立てる。
   
恵比寿岩へ到着(7)

登山口から約30分で恵比寿岩へ到着。
高い!
あまり下をのぞくと吸い込まれそうだ。

見上げることはあっても上から見下ろすことのなかった青の洞門の上に、今居る。
達成感あり。
「ここ頂上ですか?」とTが聞く。
「競秀峰と言って頂上と言うのはない。ここより高い峰がまだ先にある」と答える。



(7)
   

(8)
T「ワァーすべりそう!」
M「大丈夫、ゆっくり行けば」

(9)
T「今度は上りか!」
M「山だからね!」
   

(10)
U「待ってますよ!」
T「ハァハァ・・・」
M「面白い道だ~♪」

(11)
U「大きなほこら!」
T「すごく広い!」
M「昔の人はここを通ってたのかなぁ!」
 
 
(12)
T「えー、ここ登るの!」
 
(13)
釣鐘岩
Y「そっちは釣鐘岩だけど見るだけにして!あまり先に行くと戻れなくなるから!」
   
 
(14)
U「行ってみよう!」と好奇心旺盛
M「待って、私も見てみたい」
T「危ないらしいよ」と言いながら
ちょっと行ってみる。
 
(15)
釣鐘岩戻り(元の場所)
M「わぁ、きれいな苔・・・」
T「そちらにも~どろっと!」
Uは先の危険個所を偵察している。
 
 
(16)
T「すべりそう、いけるかなぁ」
U「くさり離さなければ大丈夫ですよ」
M「Tちゃん、気を付けてよ!私を巻き添えにしないでね!」
 
(17)
清水洞
T「え~ここどうやって通るのですか?」
Y「奥の清水が湧いてる前を通れるよ!」
 
 
(18)
U「高いけど気持ちいい!空飛びたくなります」
 
(19)
Y「頭と足元、気を付けて!」
T「なんで私はここにいるんだろう・・・ブツブツ」
M「Tちゃん、何か言った?」
 
 
(20)
M「日が照って暑くなって来た!」
T「ここ、一番高い所ですよね!」
 
(21)
U「すっごい眺め!いいですね!」
 
 
(22)
対面の山
 
(23)
Y「向こうの山の紅葉、きれいだね。」
 
 
(24)
T「エッ、ここ鎖がない!・・・
どうやって行けばいいんですか?」
Y「MさんもUちゃんも先に通ったから気を付けて歩けば大丈夫!」
 
(25)
T「やった~!やっと着いた!」
 
 
(26)
弘法寺のイチョウ
 
(27)
到着
   
 (番外)
 
耶馬渓ダムもみじ丘公園
 
ドライブレスト・アイビー
(耶馬渓ダム横のレストラン)
 
最後に
今回は、青の洞門の面白いコースを体験した。ただ、天候不順だったので、弁当はやめ温泉地で食べる予定にしたことが誤算だった。耶馬渓のベストシーズンは、例年11月20日前後の土日で渋滞のピークだった。その為、最初の温泉地へはたどり着けず、次の温泉地は超満員で諦め、仕方なくドライブインでの遅い食事となった。
毎回新たな反省点が出るが、これもアウトドアの楽しみと思い次回に生かしていくつもりだ。
こちらの思案もどこ吹く風とばかりに楽天的なメンバーたちは、途中途中の紅葉を楽しんでいた。そして西川温泉で待望のお湯に浸かり疲れも癒されたところで北九州へ帰ってきた。
今年の登山は今回で最後となる。
来年、また計画を練っていろんな山へチャレンジしていきたい!

 
トップ