>古処山登山
 
2017年3月19日(日曜)
コース:
大覚寺近くの登山口駐車場(10:50) ~ 五合目(11:40)~ 水舟(12:20)~ 山頂(12:40)~ 
山頂下山開始(14:00)~ 大覚寺近くの登山口駐車場 (15:30)
 
 
定刻出発、だが遅れて到着(1)

門司の待ち合わせ場所で一人乗車する。
顔を見ると目の上が少し腫れている。
尋ねると数日前に横断歩道で転倒し、会社を休んだらしい。不屈の登山参加だ。
二人目は待ち合わせ場所にいない。電話をかけると今起きたそうだ。「すいません15分待ってください。」。化粧は車の中。

(1)
   

(2)
さて、登山開始!(2)

秋月にある大覚寺横の駐車場へ到着する。
晴れ渡った空の下、山へと続く道。
足取り軽く、登山道を歩く。
いつも、最初はテンションが高い。
   
鳥のさえずりを聞きながら
       いよいよ自然歩道へ
(3)

よく整備された道が、山の奥へと続く。
今回は、バーナーを持ってきたので、昼食時に味噌汁を作る予定だと伝えている。
「お昼が楽しみです!」と言いながらオーバーペースで歩く。

(3)
   

(4)

横を流れる渓流の水音に心も洗われる(4)

ヤマメでも釣れそうな川がずっと続いている。
子どもの頃の遠足を思い出す。
まだオーバーペース。先は長いのに・・。

   
木漏れ日の中を元気よく(5)

少しペースが落ちたものの、しっかりと山道を歩く。
何人かの登山者とすれちがう。
都心からも手ごろな距離なので登山者も多い。

(5)
   

(6)
何度か小川を渡る(6)

澄んだ小川を何度か横切りながら道は続く。
水の香りを感じながらアクアセラピーを意識する。
   
ゲッ!ここにも駐車場がある(7)

「ここからだと山、近かったんですね」
ここは、5合目にある駐車場で、ここから登る人も多い。
ただ、車道が狭く、離合がむつかしい林道を通ってこなければならない。

(7)
   

(8)
5合目から道が険しくなる(8)

この辺から道に石が多くなり、所々水が流れ込んでいる。
足元を注意してスローペースとなる。
「お腹すいた・・」
   
湧水の出ている水舟へ到着(9)

ここは、山頂と屏山(へいざん)への分岐点。
「ここまでくれば、頂上も直ぐだから」と言うと、「竹ちゃんがいたら、本当ですか~と疑いの声がでそうですね」と本日不参加の竹ちゃんの名前がでる。今日は、腰を痛めて不参加。みんな復帰を待ってる。

(9)
 
 
(10)
 やっと山頂だ(10)

「わぁー気持ちいい」
山頂は噂通りツゲが多い。
周りには他の登山者も居て、景色を見たり、食事をしたりと楽しんでいる。
私たちも早く食事にしよう。
   
 待望の昼食タイム(11)

バーナーに鍋をセットし、味噌汁の具材を入れて味噌をたてる。
「すごい、味噌汁は粉末でなく、始めから作るんですね。」、しばし注目!
「おいしい!」
「山の上で作って食べるの、いいですね!」
「男の手料理ですね。すごい!」と、感嘆の声。
次は女の手料理、頼むよ。
食べ終わって、お湯を沸かしコーヒータイムとする。

 
(11)
 
 
(12)
山頂からの眺めは格別だった(12)

登山で一番の見どころは山頂からの眺めだ。
今日は快晴で、遠くの山々も春霞の中に見渡せる。
草の上にゴロンと寝ころびたい気分だ。
「いつもこんな天気だったらいいですね」
といいながら、次回の登山計画を話しつつ下山する。
 
最後に
日頃の仕事から解放され、今日はいい気分転換になったようだ。
また、料理作りを体験したので、次回からレパートリーを増やしつつ楽しんで行きたい。
帰りに寄った温泉が気持ちよく、これからも登山と温泉とのセットが必須となりそうだ。
足の痛みを和らげる為にも、日頃からトレッキングなどの運動を欠かさないようにしよう。
 
トップ